トップページ 概要 イベント スケジュール ブログ リンク
Connected 第2回
「ヒバクってなに?-いのちを未来につなげよう」

2010年1月23日(土) 座・高円寺2(杉並区)にて

第2回のテーマは「ヒバク」。

3名のゲストをお迎えして、ヒバクって一体何だろう、

いのちを未来につなげるために、私たちに何ができるんだろう、

ということを考えていきました。


◇当日の振り返りをブログに掲載しています◇

Connected 第2回 振り返りブログはこちら



◇当日のビデオ映像を全編公開いたします◇

5分割の構成で、全部で約4時間です。


【第1部】鎌仲瞳監督作品「ヒバクシャ-世界の終りに」の上映後に、監督への質問タイム




【第2部】①イントロダクション & トーク(ゲスト:山田玲子さん)




【第2部】②手紙朗読とピアノ弾き語り&トーク( ゲスト:大石又七さん)



【第2部】③トーク(ゲスト:鎌仲ひとみさん) & 即興ライブ



【第2部】④トークまとめ




◇当日の様子はこちらの写真をご覧ください◇

第1部は、鎌仲瞳監督作品「ヒバクシャ-世界の終りに」の上映を行いました。
上映後は、参加者の方から監督への質問タイム。
映画では語られなかったことや、映画のその後の話も伺うことができました。


第2部は、トークセッションです。
まずは会の説明と、若者たちの自己紹介。

そして、最初のゲスト 山田玲子さんをお招きしました。
山田さんは、小学生の時に広島で被爆されています。
いろいろな質問にも答えてくださり、とても貴重なお話を伺うことができました。

休憩をはさんで、次のセッションの前にアートの時間です。

以前頂いた被爆された方から若者へのお手紙と、
若者からその方へ返信の手紙。
その2通を、岡崎ちか子さんに朗読して頂きました。
そして、広島・長崎をテーマにした2曲を、
朝音幸さんにピアノ弾き語り演奏していただきました。

次のゲストは 大石又七さんです。
大石さんは、1954年のビキニ環礁沖での核実験で被ばくされました。
当時の社会・政治の話や、これまでに至る話などを語って下さいました。

最後のゲストは 鎌仲ひとみさん。
内部被ばくに関することや、いまのメディアが抱える問題などについて話して下さいました。

次は、秋山桃花さんと岡崎ちか子さんによる即興ステージ。
参加者の皆さんやゲストの方に、
「あなたは、どんな世界にすみたいですか?」
という質問用紙をお渡しして、書いていただきました。
それを、岡崎さんが読み上げ、
秋山さんがその場で曲をつけていき、
会場全体がとても優しくて明るい気持ちになりました。

最後はまとめのセッションです。
ゲストのお話を伺った感想や、
何年ごろまでに、どんな社会になっていてほしいか、
そのために何ができるかを話し合いました。

第3部は、Connected Time。交流会です。
いろいろな方が参加して下さっていて、
参加者と出演者やゲスト、そして参加者同士の新しいつながりが生まれました。

参加して下さった皆さま、
ありがとうございました。

(photo by momo yago)
日付:2010年1月23日(土)
場所:座・高円寺(会場は座・高円寺2)  
JR総武線「高円寺」駅 北口徒歩5分 行き方はこちら

第1部 映画「ヒバクシャ-世界の終わりに」上映 & 監督とのQ&A

  午前11時開始 (午前10時30分開場 午後1時30分終了)
  入場料:800円
  ※第1部のみの参加もOKです
第2部 トークセッション
  午後2時30分開始 (午後2時開場 午後6時終了)
  参加費:一般前売り1,000円・当日1,500円/学生前売り・当日ともに1,000円/高校生以下無料
       ★Connectedサポーター2,000円(Connected第1回のDVD+Connected Cafeクッキー付き)
  ※第2部のみの参加もOKです
第3部 Connected Time (交流会)
  午後6時15分開始 (午後7時30分終了)
  参加費:無料



- - - - イベント詳細 - - - -

◇第1部 映画「ヒバクシャ-世界の終わりに」上映 & 監督とのQ&A


ヒバクの「今」について知る、必見の映画です。上映後に鎌仲ひとみ監督とのQ&Aの時間があります。

10:30 受付開始 11:00 上映開始 13:30 第1部終了

◇映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」…2003年6月公開(116分)
-国境のない核汚染-確実に世界を覆い尽くそうとしている国境のない核汚染。使われる側にも使う側にも等しく被害をもたらす核。普通に生活している人々が知らぬ間に被爆し、ゆるやかに殺されていくという現実。この作品は見る事も、感じる事もできない核汚染の環境のもとで生きる、イラク、アメリカ、そして日本の人々の日常の姿を記録し、彼等、ヒバクシャの声を伝えるために作られた。
 ●オフィシャルサイト:http://www.g-gendai.co.jp/hibakusha/index.html

◇第2部 トークセッション

出演者の若者たちがヒバクについて過去の出来事や、今起こっていることについて語り合います。また、スペシャルゲストをお迎えして、さらに話を深めていきます。そして今回のアートは、会場一体型の即興ライブ。朗読と音楽とのコラボレーションです。


<出演者>
【スペシャルゲスト】
鎌仲ひとみ(映画 「六か所村ラプソディー」「ヒバクシャ-世界の終りに」監督)
山中武子(広島被爆者 豊友会会長)
大石又七(第五福竜丸船員 ビキニ環礁沖で被ばく)

【若者たち】
藤井佳子(「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト)
前川史郎(「核兵器なくそう・世界青年のつどい」準備委員会)
水野さとこ(大地とつながる母の会)
野垣暁子(杉並青年9条の会)
鈴木秀和(A SEED JAPAN
魚住葉子(DAYS JAPAN) 他

【アーティスト】
秋山桃花(作曲家・即興ピアニスト)
岡崎ちか子(女優・朗読家)
朝音幸(シンガーソングライター)


14:00 受付開始 14:30 開始 18:00 第2部終了

※途中、休憩が2回あります


◇第3部 Connected Time

会場での交流会です。みんなでConnectedしましょう!
出演者と直接お話したり、名刺交換をしたり、参加者から情報発信して頂いたりしたいと思います。

18:15 開始 19:30 第3部終了


◇その他
※マイバッグ・マイカップをご持参ください
おいしいドリンクやパン・スイーツ(カフェオハナ&アチパン提供)や書籍などの物販があります。
マイバッグ・マイカップへのご協力どうぞよろしくお願い致します。

※託児サービスあります
要予約です。メールもしくはお電話にて事務局(担当:市川)までご連絡ください。

定員:250名

主催:Connected Cafe事務局

協力:ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐ会、「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会、「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト、「核兵器なくそう・世界青年のつどい」準備委員会、SAY-Peace PROJECT、非電化工房、ナマケモノ倶楽部、ピースボート、DAYS JAPAN、カフェスロー、脱原発全国会、自然育児友の会、大地とつながる母の会、ふろむ・あーす、アチパン

お問い合わせ先: Connected Cafe事務局 info◆connectedcafe.org (◆部分は@が入ります)


◇チラシ
クリックするとイベントのチラシが表示されます。左が表、右が裏です。

  


Connected Cafe事務局

〒181-0001 東京都三鷹市井の頭3-14-26
電話: 090-1736-3869
eメール: info◆connectedcafe.org (◆部分は@が入ります)